• かつて日本には『ブルークリスマス』があった
    クリスマスなので、今回はそれにちなんで 1978年作『ブルークリスマス』という映画をご紹介する。東宝映画、監督は当時エースといってもよい岡本喜八でした。。脚本は、倉本 聰で、そのころ『前略おふくろ様』とか『浮浪雲』で人気急上昇中で、あの名作『北の国から』の直前にあたります。その倉本 聰ですが、御大岡本喜八に対して、脚本の変更は一切不可と宣ったとか・・・・・。強烈な自信というか、なんというか、とにかく 曰...
  • 映画『昆虫大戦争』の恐怖
    今回は、1968年公開の日本初の昆虫パニック映画『昆虫大戦争』です。これ、ナント松竹映画なんですな。この映画以後も、邦画で昆虫パニック映画なんてないから、空前にして絶後のチャレンジだったのですなあ。物語は、水爆を積載したアメリカの軍用機が、ハチの大群に襲われ、南海の孤島(ロケは八丈島)に墜落するという、アーウィン・アレンもかくやというような導入部で始まります。しかし、その後が ドロくさいというか ...
  • 悲しき雑木林
    何か 凶悪事件があって 死体が捨てられるのは 決まって雑木林だ。本格的な山岳地帯や 昼尚暗い森林で 遺体発見 などということは ほぼない。雑木林だから、なにかしらの道は付いているわけで、運搬に 困らないということだ。よさそうな雑木林も 一気に 陰惨な記憶のつきまとう場所へとなってしまう。被害者やご家族には かける言葉もなく、気の毒そのものです。特に、子どもが被害者の場合、我が事のように思えて 憤り...
  • PC御陀仏寸前断末魔
    最近 PCが挙動不審である。突然 ぶっつり 電源が落ちる。それが何度も連続する。こっちが根負けしそうになった頃、やっと安定しよる。なんでか。CPUクーラーにホコリが溜まって目詰まりしてるとか、CPUとクーラーとの間のグリスが乾ききって なくなり、接触してないとか、そんな簡単な理由やったらええけど・・・・・。でも、今 冬やし。これ組んだの いつやったか。もう5、6年前かな。P4 3Gで 当時はそこそ...
  • それは論理的ではありません
    仕事が忙しいと、途端に更新が間延びする。現金な物である。悲しいかな、私の仕事はシーズンである夏場と12月が、この数年ピーク時期になっている。帰ってきたら、くたくたでメールチェックすらしない日もある。こりゃ40代みたいに、というワケにはイカンようである。自分の身体となんとか付き合いながらやっていけ、ちゅうこっちゃな。と、最近理解した。てなわけで、ボチボチ いきまっさ。また、映画の話である。映画は劇場...
  • トラトラトラの渥美清
    先日 寝ようと思ってTVのリモコンに手が触れたら、偶然 深夜映画の「トラトラトラ」に切り替わり、ほおっ、と思って つい最後まで観てしまった。黒澤明の解任劇やらいわくつきの映画だが、最後の真珠湾の攻撃シーンの迫力に、改めて圧倒された。何カットか 航行する空母や 米軍艦が爆発するシーンでミニチュアの撮影があるが、ほとんどが実写である。とくに数十機の日本海軍機の急襲シーンは、考証に問題はあるものの今の画...
  • 臍下丹田に力を入れて・・・・・
    かぜひいた。医者に行ったが、インフルではなく。ただのカゼ。この時期、人騒がせである。土日 は引きこもり状態。YouTube で 曲から曲へと 数珠つなぎに渡り歩く。で、宮前ユキ の GIVE UP に当たった。懐かしい。まだ 石原裕次郎が 存命だった頃 渡哲也が 安心してボケキャラした『浮浪雲』の主題である。そこで、『浮浪雲』 探すが 肝心のコイツ が 誰もUPしてない。しゃーないので、自分で UPした...

プロフィール

伊丹樹液倶楽部

FC2ブログへようこそ!